現役のWEBデザイナーが教える初心者のためのホームページ制作

  • HOME
  • おすすめ書籍
  • お役立ちツール
  • 無料素材
  • 用語集
  • 無料でホームページを作る
ホームページを作る

サイト名を決める

ホームページの名前を決めます。

ホームページの名前は、サービス内容が分かりやすくユーザーに覚えてもらいやすいものがおすすめです。また、SEO対策にも有効なネーミングにすることも大切です。

余裕がある人はロゴも一緒に作るとトレードマークになって、他のサイトとの差別化にも繋がります。

ポイント1 店舗名や商品名と同じにする

すでに店舗や商品が存在している場合は、サイト名を店舗名や商品名と同じにするのがおすすめです。店舗名や商品名の場合は、固有名詞の場合が多いのでキーワード検索された際に競合が少なくてすみます。

たとえば、「Amazon(アマゾン)」「楽天市場」などがその一つです。名前とつけるときに意味や思い入れはあるけれど、実際は造語のような感じで作ったりすることで、覚えてもらいやすいのと検索されやすいです。

これから店舗名や商品名を考える方は、検索エンジンで名前を検索してみると、競合がどれくらいいるかが把握できます。

ポイント2 商品やサービスが分かりやすい名前にする

既存の店舗や商品が存在していなくて、これからホームページの名前を考える場合は、なるべく商品やサービスが分かりやすい名前がおすすめです。

たとえば、不動産の「ピタットハウス」とか「おそうじ本舗」のように名前を聞いただけで、なんとなく何のサイトがイメージがわくと覚えてもらいやすいです。

ポイント3 SEOを意識した名前にする

ホームページの名前をSEOに意識したものにするのもおすすめです。

たとえば、英語サイトであれば「英語」というキーワードが重要になるので、「英語の広場」や「英語クラブ」という名前にしてサイト名にSEOのキーワードを入れたりします。必ず入れなくても良いのですが、入れられるようでしたらサイト名にキーワードが入っている方がなにかと便利です。

ホームページを作るメニュー一覧

PAGETOP