WEBデザイナー・WEB制作で独立・起業をしたい方へ。WEBデザイナーで独立成功マニュアル

目指せ!フリーWEBデザイナーへの道!自宅で自由にWEBデザインの仕事をしたいあなたへ 会社勤めを辞めて、自宅で自由にWEBデザインの仕事をしたいけど、上手くいくか不安で踏み出せない方に現役のフリーWEBデザイナーがノウハウを伝授!

  • TOP
  • プロフィール
  • 本の内容
  • お申込み
  • 特定商取引法
独立して自分で仕事をしたいけど、今一歩を踏み出せず、諦めていませんか?

「いつかWEBデザイナーとして独立・起業したい」とか「いつかWEB制作の仕事で自宅で自由に仕事をしたい」と考えている方は多いです。

しかし、実際にWEBデザイナーやWEB制作で独立・起業する人は少ないです。

その理由は下記の通りです。

独立の仕方がわからない 安定収入がある会社員を辞めてまで独立するメリットがわからない 独立後に仕事があるか収入が確保できるかがわからなくて不安

上記のような不安や悩みが解消できず、“いつか”と思っているだけで時間は過ぎていってしまうのです。

しかし、頭の中で考えたり思っているだけでは何も前には進みません。実際に行動に移すことが大切です。

今勤めている会社を辞めて独立するということはとても勇気が入ることですが、もしあなたが本気で独立を考えているのなら今がその時です。

独立してしまうと、自然と独立している人と出会う機会が多くなり知人や仲間が出来ます。

当然のことながら、会社に勤めている時は会社員と出会う機会が多いため、会社員として働いている人に独立したい事や独立したいけれど悩んでいることを相談しても、あまり良いアドバイスはもらえないでしょう。

やはりその業界で成功している現役のフリーWEBデザイナーの声を聞くのが一番です。

この本の中では、フリーWEBデザイナーになるには、どんな知識が必要なのか?

また、独立するにはどんなことが大変なのか?

などの役に立つ知識から本音トークまでを公開しています。

こんな方におすすめの本です
WEB業界未経験者でWEBデザイナーになりたい方 WEB業界未経験者でWEBデザイナーになって独立したい方 現在WEBデザイナーで独立したい方 現在フリーWEBデザイナーで仕事に悩んでいる方
フリーWEBデザイナーのメリットとデメリット

会社に所属して働いていると安定した収入や福利厚生がしっかりとしています。社会人として生きていく中で、定年退職まで保障されている人生というのはとても魅力があります。

安定した収入などを得られる反面、様々な悩みやストレスを抱えている人も多いです。会社に勤めている友達と食事にいくと、毎日の通勤電車、残業や休日出勤、煩わしい人間関係、努力しても上がらない給料などについての不満を良く耳にします。しかし、会社に所属している以上はこうした悩みや不満は退職するまで30〜40年間続きます。

また、会社に所属していると安心してしまいついつい危機感を忘れがちになってしまいます。

ある日突然、会社の倒産、人事削減、大幅な減給などが自分の身に振りかかってきて、始めて安定した人生などは存在しないのだと気づかされます。

一方でフリーとして仕事をしているメリットは、収入は自分次第、自由な時間が多い、煩わしい人間関係が少ないなどがあります。

しかし、デメリットも多く、安定した収入がない、福利厚生がないなどの悩みがつきません。

ただ、一つ言える事は全ての判断は自分なのでフリーとして活躍できるかは自分次第。

そのためには、努力も必要になります。

フリーとして成功させるには、仕事を進める上でノウハウや情報が必要になります。

いかに役に立つノウハウや情報を持っているかで、独立してすぐに収入が得られるかが変わってきます。

自ら経験を重ねて遠回りをするのも一つですが、やはり収入がないと生活が出来ないのは事実です。そこで、フリーWebデザイナーを目指す方にかかせない情報やノウハウをご紹介します。

フリーWebデザイナーとして活躍できるかどうかは自分次第です。自分が満足できる収入を得られるかも自分次第です。

今あなたが、独立しようか悩んでいるならこの本を読んで考えてみてください。

独立することに悩んでいたり不安を感じていたとしても、大丈夫です。誰でも独立しようと考えている時は悩んだり、不安になったりします。

しかし、経験者や成功者の話を聞いてそれを元に、独立して成功することはそんなに難しいことではないのです。また、この本を読むことで自分が独立することに向いているかどうかを発見できるかも知れません。

あなたが、会社員として同じ会社に一生勤めていくことが人生最大の安定であると思っているならば独立するのは辞めておいたほうが良いでしょう。

しかし、少しでも興味があったり考えているのならこの本をおすすめします。

PAGETOP